. . .

マイケル・ルノーのwikiや画像について!加山雄三の歌を作詞したゴーストライターってマジ?

知らない人はいないと言ってもいいというぐらいの大物歌手の

加山雄三ゴーストライターの疑惑が出てきているようです(・_・;

%e5%8a%a0%e5%b1%b1%e9%9b%84%e4%b8%89%ef%bc%91

なんでも、ゴーストライターとされる米国人作詞家の方が、

加山雄三に対して、報酬を支払うように求めているとのこと。

 

ゴーストライター疑惑だけでも「え!マジデ!」って話なんですが

さらに報酬を払っていないのだとしたら、

ファンの人にとっては相当なショックなんじゃないでしょうか…(・_・;

 

ゴーストライターとされる人物は、

加山雄三の妹の元夫であるマイケル・ルノー

 

マイケル・ルノーが一体どんな人なのか…

気になったので調べてみました<(`・ω・´)

 

もくじ
◯マイケル・ルノーのwiki
や経歴について
◯マイケル・ルノーはどの歌の作詞をしたの?

 

 Sponsored Link

 

マイケル・ルノーのwikiや経歴について

ゴーストライターとされるマイケル・ルノーは、

加山雄三の妹の元旦那にあたる人物。

 

しかしマイケル・ルノーについて検索してみましたが、

日本では名前が知られていないためか、

wikipediaのページにプロフィールはなく、

色々調べてみても、全く情報がありませんでした(・_・;

 

画像も探してみたのですが、そういった情報もなし…

 

マイケル・ルノーにどのような経歴があるのかはわかりませんが、

マイケル・ルノーがすごい人だったとしたら、

もうちょっと情報が出てくるだろうし、

私の予想では、マイケル・ルノーが身近で頼みやすかったから

ゴーストライターをやってもらってたんじゃないのかな…思います(^^;

 

 

 

マイケル・ルノーはどの歌の作詞をしたの?

週刊文春によるとマイケル・ルノーは、

加山雄三が1960年代頃にリリースした11曲に加え、

2015年にリリースした「I Simple Say」をあわせた計12曲について、

正当な報酬を支払うように文書で通告しているとのこと。

 

加山雄三が1960年代に出した曲はというと、

およそ20曲近くもあります。

つまりその約半数をマイケル・ルノーが作詞したってことになりますね(・_・;

 

週刊文春は、加山雄三が自ら「ゴーストライター」という

単語を出している音声も入手しているので、

加山雄三がゴーストライターを否定してもかなり苦し紛れに聞こえてしまうのですが…

 

やっぱり加山雄三って、

当時の日本を代表する歌手だったと思うし、

できれば何かの間違いだったらいいのにな~と思います(・_・;

Sponsored Link




最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ