. . .

阿曽山大噴火のネタや改名や本名について!ベイビーギャング北見寛明の無免許運転暴露で注目の人

イケメンなお笑い芸人・北見寛明(ベイビーギャング)が、2度目の無免許運転し逮捕され、事務所から解雇され話題になっていますね(^^;

ニュースによると、北見寛明の逮捕を暴露はしたのは、同じくお笑い芸人の阿曽山大噴火。

阿曽山大噴火1

阿曽山大噴火は、裁判傍聴芸人として活動しているそうですが、

つい先日、熊本で大きな地震があり、その際に阿蘇山も噴火していたので、不謹慎な名前だなと思ったら…

「改名」というワードと一緒に検索されているようですねw

 

今回は、阿曽山大噴火について気になることを調べてみました!

 

もくじ
・阿曽山大噴火のネタはどんなの?
・阿曽山大噴火の改名や本名について

 

阿曽山大噴火のネタはどんなの?

裁判傍聴芸人として活動している阿曽山大噴火のネタは、その肩書通り、裁判ネタが多いみたいです。

裁判を傍聴して、その中で被告人や証人などのクセや発言などをチェックして、それをネタにすることが多いようです。

 

個人的に、阿曽山大噴火のネタは、

面白いけれど、ネタというよりは面白い話を紹介してくれてるというイメージです(^^;

裁判ネタの中でどれ位が自分で考えた話かわかりませんが…

なので、面白い芸人というよりは、面白い話を聞かせてくれるおじさん。といった風に感じましたw

 

 Sponsored Link

 

ちなみに阿曽山大噴火の父親も、同じく裁判傍聴が趣味で、かつてお笑い芸人として裁判傍聴に関するネタを披露していたそうです。

当時は三平×2(みひらさんぺい)と”ニトログリセリン“というコンビを組んで活動していたそうですが、

現在は警察官のようです。

 

親子で共通の趣味とは仲が良いですね^^

それにしても父親の芸人から警察官の転職は、全然畑違いですごいなと思いましたw

 

阿曽山大噴火の改名や本名について

まずは阿曽山大噴火の本名についてですが、

本名は、阿曽道昭(あそみちあき)と言います。

芸名の阿曽山大噴火は、本名の阿曽をモジッてつけたそうです。

 

芸名の阿曽山大噴火については、やはり不謹慎と思われることが多いようで、

全国各地の火山が噴火する度に、芸名の改名を繰り返していたそうですw

 

改名が始まったのは御嶽山噴火の時から。

“改名が始まった”ってのも変な表現ですけどねw

その時から本名の「阿曽道昭」や「阿曽ちゃん」「阿曽さん」などを名乗るようになり、

その後「阿曽山大噴火」に戻したり、また改名し上記の3つの名義で活動したり…

 

そんなに改名するなら、いっそのこと不謹慎じゃない名前にすればいいのにと思いますね(^^;

改名って話題作りの効果もあるかもしれないし、名前を変えすぎても覚えてもらえない気もするし…

その辺りの判断も難しそうですねw

 

まあ私なら、不謹慎と思われそうな芸名はつけないですけどねw

Sponsored Link




最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ